FC2ブログ

台風一過となり

おはようございます。デイリハ煌ツルカワの管理者の小川です。
毎日暑いですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
連日の猛暑の中、やはり今回も「脱水・熱中症状対策」についてです。

季節も夏真っ盛りとなり、脱水症状や熱中症に
注意が必要な日々が続いております。
熱中症・脱水症状は屋外だけではなく、
自宅等の屋内でも発症する危険があります。
原因の多くは「水分・塩分の不足」とされておりますが、症状は様々です。
熱中症の症状としましては「体温上昇・めまい・倦怠感・けいれん」、
脱水症状は「血圧低下・食欲不振・脚がつる」といった症状が
挙げられます。

では、いったいどの様に予防対策を行えば良いのか?
下記にてご紹介していきます。

<熱中症・脱水症状の具体的対策>
①直射日光にご注意を

~予防策~
・屋外では帽子や日傘の使用(最近では男性の方も良く見かけるようになりました)
・屋内ではカーテンやブラインドを使用

②体の熱が放出されやすい服装を

~予防策~
・首元や襟元にゆとりのある衣服を選ぶ
・風通しが良く、汗が外に出やすい素材の衣類を選ぶ

③水分・塩分は細目に補給を

~予防策~
・喉が渇いたと感じる前に意識的に水分補給を
・飲み物や利尿作用の少ない飲み物を選ぶ
・スポーツドリンクや塩飴も効果的です


a href="https://blog-imgs-115.fc2.com/f/a/n/fancorporation/natubate.png" target="_blank">natubate.png


大きく分けて、この上記の3つに注意をし、
夏場をお過ごし頂ければと思います。
少しの油断が熱中症、脱水症状の原因となりますので、
基本的な予防策ですが、改めて意識を持ってお過ごし下さい。

スポンサーサイト

暑い日が続きますが

デイリハ煌オダサガで勤務している村越です。
暑い日が続きますが皆様お加減はいかがでしょうか?

毎日、熱中症のニュースが続きますね。去年はこれほどでもなかった気がするのですが。
温度調節と水分補給が大事だとのこと。前者はともかく後者がとにかく難しい。
1日約2リットルの水分補給が必要で、食事などからある程度は摂れるのですが、
とにかくこまめに水分を摂ることが大切なのだそうです。(経口補水液や麦茶がベター)。

最近知って驚いたことを一つ。
以前は、「1リットル」は「1ℓ」と筆記体で表現していたのですが、今は「1L」と書くのが主流のようです。
調べたら飲み物などはLで表記されていました。調味料はℓでした。
広告だとまだ、ℓ表記でした。
どうやら国際基準に準ずるために、学校ではL表記で教えているようです。
しかも、現在は英語の筆記体自体を教えていないそうです。
学生時代頑張って覚えたのですが・・・。

まだまだ秋は遠いようです。身体に気をつけて夏を乗り越えていきましょう。

復帰からのダイエット!

デイリハセンター煌 相武台で勤務している森松です。

ご利用者様からは森の石松なんて呼ばれたりもします。(女子ですけど"(-""-)"、、、)


去年の7月に出産し、産休から復帰して早や2か月が経ちました!

復帰当初はご利用者様と顔をあわせるたびに どうしたの?!

と言われるくらい巨大化していたようですが、、、

現在は 3kg 痩せましたがまだまだ産前のユニフォームが入りません(T_T)


ご利用者様と一緒にリハビリしながらダイエット頑張りたいと頑張りたいと思います!
(腸腰筋の筋トレ地味にキツイからやりたくないですけど、、、、、)


相武台はママさんスタッフも多く、皆明るくパワフルに働いています。
子育てしながら働ける環境と周りのスタッフにとても感謝しています。

お陰様で息子もすくすく育ち、この間無事に一歳を迎えることが出来ました^_^



takeru.jpg

まだまだこれからが夏本番ですが、

暑さに負けず仕事に育児に一生懸命頑張ります!


早くお酒が飲みたーい!笑

こんにちは。

こんいちは。
デイリハセンターファン 淵野辺で勤務しています井上 卓郎です。
なかなかブログを書く機会がないのですが、自己紹介がてら
更新します。
20歳からボウリングを趣味でやっています。
アベレージは、165~180と安定していませんが楽しくやっています。

講習会を開催しました!!

 地域・在宅リハビリにおいてご利用者様のニーズに合わせてアプローチを行っていく必要があることは地域・在宅で働くセラピストの中では当然のことと周知されていると思われます。しかし、「ご利用者様のニーズに単に応え、アプローチするだけでいいのか?」、否!!「セラピストとしてきちっとした評価・アセスメントがあってのアプローチでないと、本来の”ご利用者様のニーズ”に応えた事にはならい!!」そう思い、先日、ファンコーポレーション主催の地域・在宅リハビリの分野でご活躍されている北原国際病院技監八児 正次先生をお招きして講習会を開催させて頂きました。

講習会10
講習会2

 今回、八児先生には「脳血管疾患リハにおける基本動作の評価・介入【ボバースをベースとした環境適応アプローチ】」というテーマで講習して頂きました。
巧みに八児先生が冗談を混ぜてくれて、講習中は笑いもあり、大変盛り上がりました(笑)
講習会3
講習会4

 他事業所の理学療法士、作業療法士の方々も多く参加して頂き、数々の意見交換をすることができて大変有意義な時間となりました。
講習会5
講習会6

 講習では、八児先生に丁寧に指導して頂きました。臨床現場でより良い治療を行っていく上で、環境作りや我々セラピストの姿勢や態度がどれだけ相手に大きな影響を与えるかを痛感させられました。今回の講習会に参加し、筆者は改めて自分の仕事に対する姿勢や考え方を見つめ直す刺激を受けました。

 八児先生には今後も講習会をシリーズ化して開催して頂く予定になっています。詳細が決まり次第またお知らせさせて頂きますので、多くの方のご参加をお待ちしております。
 ファンコーポレーションは少しでも地域・在宅リハビリの活性化の支援に繋がればと思い今後も活動して参ります。


文責 株式会社ファンコーポレーション すずらん訪問看護ステーション
作業療法士 内山 拓
株式会社ファンコーポレーション ホームページ
株式会社ファンコーポレーション
ホームページ


プロフィール

ファンコーポレーション

Author:ファンコーポレーション
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード