FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さんはじめまして!!

9月1日から入職しました、作業療法士の源と申します!

寒さの厳しい季節が近づいていますが、

皆さん血圧の管理は十分して頂いていますでしょうか?


私は先日まで、脳神経外科の病院に勤めていましたが、

冬場に入ると脳血管疾患の患者様が増加する傾向にありました。

というのも、寒い季節になると、気温差によって血圧に大きな変動が起きる事が多々ある
ことが原因といわれています。


一番多いのが、お風呂上りや、入浴時などで、

「冷えた体で、一目散に湯船に入る」

「暖まった体で、脱衣所に出る」

などなど、これらの行為は循環器(心臓、血管)への負担を著しく増加させます。


その結果、血管が破れたり、詰まったりとして、救急搬送される方が増えるわけです!

近年テレビでも取り上げられていて、皆さん十分気をつけていただいているとは思います

が、対策としては、まずはご自身が辛くないような状態を作っていただければ、循環器へ

の負担も自然と小さくなりますので、

①温度差の大きい部屋の行き来は控える!

②移動が必要な場合(入浴等)は、部屋の間の室温差を小さくしておく!

③寒いところに薄着で出ない!(浴室内で肌着着てから出てもいいと思います!)

などなど、寒暖差で辛い思いをすることのないよう工夫していただければと思います。


ここで小咄を一つ。

以前、身体障害者サービスに関する法律を検討する有識者会議で、とある国会議員から、

「その法律は何%の国民が対象になるのか」

という質問がされた事がありました。


現在(平成25年度障害者白書より)日本の統計では、およそ366万人が身体障害者とし

て認定されています。これは人口1000人あたり29人の割合なので、%で表すと2.9%の方

が障害者として認定されているという事になります。


有識者会議の話に戻ります。

数字だけ見れば、この会議ではわずか2.9%の国民に対する法律を検討しているというこ

とになり、この質問をした国会議員は渋い顔をし、会議も行き詰ってしまったそうです。

しかし、ここである有識者が発言しました、


「この会議がどのような形で決着するかは分かりませんが、私たちが会議を終えて、この

会議場を出て、階段を降りる途中で転げ落ち、背骨を折れば、障害者になりますね。」
 

この一言で会議の方向性は決定付けられました。どのような形で決着したかはご想像に

お任せします。

 
今回、血圧の管理について触れさせていただきましたが、上記の話でも分かるように、

私たちは障害を持っている方々との距離を見誤っているように思えてなりません。
 
この仕事に従事する私たちも、訪問車で事故をすれば、そのまま訪問される側に回る事

も十分ありえるはずなのですが、やはりそこまでイメージを膨らませる事は、頭では理解

していても難しい事のように思います。
 
だからこそ、もう一度身近なところで気を付けられるところから、気を付けていただけ

ればと思い、しつこいようですがこのようなお話を載せさせていただきました。

 
入職したての職員は、どうしても説教っぽくなってしまうようですね。申し訳ありません!
 
改めまして、これからも元気の源でがんばれたらと思っていますので、地域の皆々様!宜

しくお願い申し上げます!
 
皆さんが、楽しく、健康にこの冬を過ごされますように!(―人―)祈

すずらん訪問看護ステーション 源

だるま
スポンサーサイト
株式会社ファンコーポレーション ホームページ
株式会社ファンコーポレーション
ホームページ


プロフィール

ファンコーポレーション

Author:ファンコーポレーション
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。